プロのコツ!ガーデニング

ガーデニングってなぁに??

ガーデニングとは、作られた自然・リラックスできる空間=庭

庭を持てると言う事は、心にゆとりと安らぎを手に入れ、自然と共存する事によって“無関心・無関係”と思っていた“環境問題”の重要性を身近に感じられるいいチャンスの空間です。今までの庭というと客観的に眺めるだけの鑑賞的役割でしたが、最近は太陽の恵みに感謝しながら、庭に息づく小さな命の生長を一緒に見守る、家族・友人などの親しい人たちとの“コミュニケーション”の場としても、利用されるようになってきました。

ガーデン計画(コンセプトを考える)

植物が好きで、あらゆる鉢や花を買い込んでくると、全体的にまとまりがなく雑然としてしまいます。
ガーデニングを始める時に大切なことは、求める庭へのイメージを考え、自分に合った“コンセプト(テーマ)”を決めてみましょう。

例えば・・・

  • 大好きな花を眺めながら“お茶”を楽しむためのスペースがほしい。
  • 友人を集めてバーベキューがしたい。
  • ハーブなどの香りのする植物を多く取り入れ、リラックスしたい。
  • 家族みんなで育て、収穫できる“キッチンガーデン”がほしい。
など、さまざまな“夢”や“希望”を叶えてみよう。

ガーデン計画(ゾーニング)

コンセプトが決まったら、“ゾーニング”です。ゾーニングとは“土地の割りふり”のことです。コンセプトをもとに、希望を取り入れながら配置を考えていきます。

まずは、建物まわりのエクステリアを考えましょう。エクステリアには、門扉やアプローチ、駐車スペースなどがありますが、どのようにすれば使いやすいのか、また、素敵に花を飾るにはどのようなデザイン・工夫をすればよいのか考えます。特に道路から玄関までのアプローチは住む人の個性が表現される“顔”の部分になりますので、特に意識して計画していきましょう。

次にガーデニングですが、将来の庭の姿を想像し、庭の排水や土壌のことなども踏まえてトータルに考えています。外からの目線も大切ですが、家の中から見る風景や、植物を植える際に気をつけなければならないのは、日当たりの良し悪し、また境界付近に植える場合はお隣への配慮も大切ですね。

ガーデン計画(フォーカルポイント)

ガーデニングを進めるにあたってエクステリアと同様にお庭で人がどのように動くか、何を見せたいか、何を隠したいのかを考えることも大事です。お庭の中で視線を集めるために造られるポイントが“フォーカルポイント”といいます。

フォーカルポイントを造ることで、全体にまとまりができ、より一層素敵なお庭になることでしょう。
フォーカルポイントに、ベンチや素焼きのプランターなどのガーデンアイテムを使ってみてもよいですね。

2 / 3123